Book carry shop

2020/11/14 09:00

ブックキャリーには、文庫本用とハードカバー用の2種類ありますが

今日はどれにしようかな♪と手に取るのは、使い勝手の良い

ハードカバー用ブックキャリー。




当たり前ですがハードカバー本が入るくらいの大きさなので
後ろのポケットにもある程度の大きさのスマホも入りますし、
ポケットが大きいと出し入れが楽!

出歩く時にはスマホは必須ですよね。



*******
余談ですが、スタッフのご主人は本の代わりにiPadminiを
ハードカバー用に入れて持ち歩いていましたよ。

会社の会議などで使ったりするのでしょうか。。
そんな使い方もできるんだと感心しました。
*******


ハードカバー用はそれなりに大きいので存在感があります。
だから、
ブックキャリーがこの色だからこの服で行こう♪
なんて決めることができるのも全色持っている私だけの特権かな 笑

初めてご購入される方には、やっぱり合わせやすいキャメルが人気ですよ。




気になっていた新しく出版された本は、ハードカバーなことが多いですし
家に帰ってからのお楽しみ♪ということでもそれはそれで良いのですが
やっぱりできればすぐ読みたいわけで。。

お昼休みにお弁当とブックキャリーを肩から掛けて出ても良いし
電車の中途半端な待ち時間や座席が空いてない残念な時でも、
読みたかった本を立ったままサッと読み始められて
楽しく過ごすことが出来ます。

肩から掛けていることと大きさ的にも安定感バッチリで、
本の世界へあっという間に入り込めますよ♪

ただ、電車の待ち時間本に熱中するあまり
反対側のホームで待ち続ける私のようにならないようにご注意を!